塗装業のお仕事に関して知っておくべきこと[求人探しに役立つ]

塗装業と左官屋の違い

塗装業

塗装には建築塗装や金属塗装など様々な分野があります。昔は「ペンキ屋」とも呼ばれていました。現在は色を塗るだけではなく、抗菌や防水などの必要性も出てきて、高いレベルの技術が必要になってきています。

左官屋

この職業の仕事で代表的なものと言えば「塗り壁」が挙げられます。塗り壁とはその名の通り壁を塗装する仕事です。これ以外の仕事で言えばタイルを張ったりレンガやブロックを積むお仕事も左官屋の範疇です。

塗装業と左官屋は仕事内容が違う

左官屋は建築工事において活躍するのに対し塗装業は建築工事以外にも、金属や自動車に関する業界でも活躍することができます。塗装に関する求人を探しているのであれば選択の幅を拡げるためにも塗装業の仕事を探すとよいでしょう。

塗装業のお仕事に関して知っておくべきこと[求人探しに役立つ]

履歴書

塗装の仕事について

求人誌や求人サイトなどで塗装に関する求人を見る機会は多いと思います。一口に塗装と言っても業種によって仕事内容が異なってきます。自動車の塗装であったり、住宅の外壁を塗装する業種もあります。どのような仕事内容であれ、美しい仕上がりになるととても達成感を感じることができるでしょう。

外壁塗装の場合

外壁塗装のお仕事の内容を例として上げます。まず外壁塗装をする場合、仕事をするために必要な足場となるものを組みます。その後に外壁の汚れやキズを修繕していきます。それらが終わると塗装を施します。最初はやる仕事が少ないと思いますが、諦めずに仕事を続けると任せられる仕事が多くなることでしょう。

注意すべき点

塗装の仕事の中には上記のような足場を組む必要がある仕事が存在します。高い所で終始仕事をしますので、高い所が苦手な方はお仕事を続けるのが難しいかもしれません。どうしても塗装のお仕事に就きたいのであれば、日頃から苦手を克服するための努力をしましょう。また塗装に使う塗料にはシンナーといったような吸いつづけると危ないものがあります。これらを使うのであればしっかりと防護マスクをしましょう。

広告募集中