施工管理を派遣社員として働くための道のり

施工管理を派遣社員として働くための道のり

レディ

資格は取っておくべき

施工管理の仕事に就くためには資格を持っておくと有利です。有利な資格の代表格といえば「建築士」です。施工管理の仕事は建築の仕事と深く関わっています。建築士としての知識があれば現場の仕事に活かすことができるでしょう。また「施工管理技士」の資格も取っておくと非常に有利と言えます。この資格は国家資格であり、合格するためには現場の仕事を管理するために様々な知識が必要になります。

志望動機はしっかりと考えよう

施工管理は豊富な知識と経験を求められます。志望動機はこれを前面に出してアピールしましょう。そして知識と経験を応募先の企業にどう活かすことができるのかを面接官に伝えましょう。「自身が応募先の企業に入ることによってどのようなメリットがあるのか」をしっかり伝えることによって採用される可能性は高まると思います。

転職の場合

求人を探している方の中には転職をして派遣社員として働きたいと思っている方もいらっしゃると思います。面接では必ず面接官から転職した理由を聞かれます。なぜ転職理由を聞くかというと、応募者が会社に入社してすぐに辞めずに長く働き続けてくれるのかをチェックしているのです。転職理由を聞かれてネガティブな内容で答えてしまうと不採用にされる可能性が非常に高いです。たとえネガティブな内容でもポジティブな内容に置き換えて伝えるとよいでしょう。

求人倍率について

震災以降、施工管理の需要が高まり求人倍率が年々増加傾向にあるようです。震災後の復興に関したお仕事の需要が増えてきていることが要因です。そのため施工管理のお仕事に就くのが困難になってきています。この高い倍率を突破して採用されるためには、自分のアピールポイントを増やすことが大事です。

施工管理と現場監督の違い

施工管理

施工管理は現場で業務している人たちを監督する立場にあります。工事の期日までにきちんと完了するように管理することが求められます。現場の仕事以外にもデスクワークもしたり、顧客との打ち合わせも施工管理の仕事です。

現場監督

施工管理との大きな違いは、現場での仕事がメインでありデスクワークをすることはとても少ないです。一日中現場で仕事をすることも少なくありません。現場での具体的な仕事としては工事の指揮や采配が挙げられます。また現場を綺麗に掃除することもあります。

就職活動している人からアドバイスをもらいたい

施工管理の仕事をするために就職活動をしている人の中には、中々採用が決まらずに悩んでいる方もいらっしゃると思います。そのような方のために就職活動をしていくうえでのアドバイスをいただきました。

就職活動した人の体験談

余計なことは考えない方がいいですよ

以前働いていた企業では非常に拘束時間が長く日々の生活にゆとりがもてませんでしたので転職を決意しました。退職して1ヶ月は何もやる気が起きなくてダラダラと過ごしていたのですが、これではいけないと思って転職をしました。でも面接でうまく言いたいことを伝えられなかったりして、とてもストレスが溜まっていたのです。一度考え出すと悪い方向にばかり考えてしまうので、転職のコンサルタントからアドバイスをもらいながら余計なことは考えずに望んだら無事採用を頂くことができました。

建築系の資格はとっておいて損はないです

今の企業は派遣として入社しました。就職活動をするうえで気づいたのですが、建築士などの資格を所持していると面接官の反応が全然違うんです。友人と一緒に応募したのですが、友人は建築系の資格を持っていないので淡々と面接が進められたようなんです。私は資格を持っていたのですが、面接官が資格を保有していることに対して褒めてもらいました。結果採用に至りました。資格はとても大切だと思いますよ。

転職は早めの方がいいです

以前働いていた会社では年収が中々アップしなかったことに不満を持っていました。思い切って転職をしようと思い転職活動をしたところ、私を高く評価してくれた会社に入社することができました。おかげで年収も2倍近くアップして生活にゆとりを持つことができました。現在の会社からの評価に満足いっていない方は早めに転職活動を開始したほうが将来のためになると思います。

面接では笑顔で!

もともと笑うことがあまりないので、無愛想に見られがちでした。面接対策のアドバイザーからも面接時はハキハキと喋って笑顔も絶やさないことをアドバイスされました。おかげで面接も突破でき大変感謝しています。また笑顔の練習を徹底的にやったおかげなのか、現場で仕事しているときも他の人とうまくコミュニケーションをすることができて、業務もスムーズにこなすことができています。

広告募集中